工謳吹奏楽団 blog

団の活動を紹介します!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週末、日曜練習がありました

昼間のパート練習では、エルクンバンチェロの強弱をとことん追求してました
同じ"ピアノ"でも、プレイヤーによって多少なりとも感覚は異なる訳で…
それをひたすらレベル合わせをしていくという内容です
お互いの音を聞きながら『もうちょっとこうした方が…』と言い合えることで、
チームワークも高まった気がします
同じ場所を何回も繰り返すので、必然的にリズムも合っていく気が

30分かけて、前半までしか進まず…
後半はまた次回のパート練でつめていけたらと思っています

強弱を合わせるのってこんなに面白いんだぁ~と最近実感しました。
演奏自体、10年以上やってるのにね(笑)スミマセン

強弱がしっかりついたトキの演奏効果…ハンパないですね(笑)
加えて、演奏することが更に楽しくなります
今はパート内だけですが、これが全体で揃えられたら、もっともっと楽しいんだろうなぁ~

強弱に時間をかけられるのは、最低限の演奏が出来上がってからだと思いますので、
どんどん早めに仕上げて、"磨き"に時間をかけられたらいいなと思いました

あ、そういえば
イメトレって割と効果が大きいそうですょ
以前『笑ってこらえて』で『成長しないのはイメトレ不足』的なことを言ってました
それを見てからMi-も頻繁にイメトレしております(笑)
頭の中で曲を流しながら『ここで楽器持ち替えて』や、
『こういう音がいいな』的な感じやら…
イメージができない部分は楽譜を確認したり
うまくなるとぃぃなぁ~

そんな小言でした

Mi-@Perc
スポンサーサイト
こんにちは
初ブログ書かせていただきますЯ-ёです

昨日は福岡中央小での演奏
お疲れ様でした

個人的には練習より上手くいきました
練習ではみんなに迷惑かけっぱなしだったので…
詳細はMi-ちゃんが書いてくれた記事で


さてさて本題へ

昨日演奏の後早目に帰らせてもらい
Hちゃんと東京まで行ってきました

2人でパートの代表として
スネア、スネアのスタンド、タンバリンを
買ってきました
楽器選ぶのって結構難しい…
Hちゃんと「どうする?」「どうしますか?」の言い合いでしたw

店員さんのオススメ聞いて、実際に叩かせてもらい
なんとか買えました

Mi-ちゃんがパーカッションセンターの会員になってくれたので
だいぶ定価よりも安く買うことができました
Tamb&マレット

タンバリンはMAXTONEのものです
楽器の色々はわからないので団員の方は火曜日の練習で

上にあるのは個人的な買い物です
去年の演奏会前の日曜練習でYasくんに
「サスペンドのいいマレット探してごらん」と言われ早1年
ダメですね…すみません

このマレット、会員割で3,885円→3,108円に
おこづかい5,000円のうちにはありがたいです

他にもティンパニのヘッド交換のコトとか
すっごく詳しく教えていただきました
やっぱり楽器の調整とかは、お金かかっちゃいますよね
やっぱりヘッド交換は自分たちでやらなきゃかなと思いました(..;)ゞ

いゃ~、ものすごく勉強になりましたね


最近(てかいつも)学校で色々とあり、頭の中ぐるぐるしちゃってますふぅ

演奏会の曲も全然出来てないので
ずっと練習していたいと練習が終わるたびに思うЯ-ёです

あと84日みんなで頑張っていきましょo(`^´*)


あ、今回学んだコトは
火曜日の練習でしっかり伝えたいと思います(^^)/


Я-ё@Perc
午前中、福岡中央小学校での演奏でした
小学校での演奏は毎年行っていますが、
児童の皆さんの笑顔が見られると、こっちまで楽しくなります
今日は、楽器お試しコーナーの楽しそうな様子が印象的でした

パーカッションは、めがね女子3人
(都合により、残念ながら2名欠席でした
20120616.jpg













Я-ёちゃん、Hちゃんと一緒でした
この2人、かわいいだけじゃないんですょ
頑張り屋さんで・・・かわいいんです(笑)
今回の演奏でも、ドラムセットの代打などを積極的にやってくれました
このコンビの成長のすごさを改めて感じました
Mi-もまだまだ頑張らなくちゃな・・・と思わせてくれます

そんな2人は只今、東京に旅立っています
プチ女子旅行・・・って遊びではないですょ
楽器購入のため、浅草のパーカッションセンターまで「はじめてのおつかい」です
演奏の後で大変かなぁとちょっと心配でしたが、
元気モリ・モリの2人は、軽やかに旅立っていきました
Mi-も一緒に行きたかったな・・・
無事に帰ってくるの待ってるよぉ~

Mi-はこれから伊勢崎市民吹奏楽団さんの裏方に行ってきます
がんばります

Mi-@Perc
どうも。clのnobです。6月10日(日)に、はるばる埼玉県の北本市文化センターに行ってまいりました。

というのも、ここで行われる「北本市民吹奏楽団2012ファミリーコンサート」を見に行くためです。

こちらの吹奏楽団とは、yas君達が以前にコンサートに訪れて以来、お互いの演奏会を行き来するようになるくらいの友好的な関係を築き上げることができました。そんなこともあり、工謳のウェブにもコンサートの案内が紹介されていました。

当日は、あいにくの曇り空でしたが、工謳からはyas君、mi-ちゃん、kaiさん夫妻と私の5人がコンサートに訪れました。私は午前中に笠南中の指導があったため、遅れての到着になり、1部の演奏には間に合いませんでした。

会場に入ると客席はほぼ満席で、中でも小さいお子さんと一緒の親子連れの方が多く目につきました。やはり「ファミリーコンサート」と銘打っているだけのことはあるなぁ、と感じ、また同時に、その客層の幅広さからも「さすが、埼玉県の吹奏楽はすそ野が広いなぁ」と感じました。

2部のプログラムは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に始まり、続いて「マンボNo.5」。この曲では、演奏の途中で会場のお客さんに「アーッ、ウー!」と掛け声をかけてもらうという企画も盛り込まれ、会場の声が小さいので演奏をやり直すというサプライズ(?)で会場は一層、盛り上がりました。

その後には「となりのトトロ」、「カーペンターズ・フォーエバー」、映画『菊次郎の夏』の主題歌「summer」と、世代を超えて人気の曲が演奏され、プログラムの最後は、ウチの演奏会でも取り上げた「ジャパグラ~銀河鉄道999~宇宙戦艦ヤマト」が演奏されました。細かいところまでよく仕上がっていて、とても勉強になりました。アンコールも楽しませてもらいました。

コンサートの印象としては、とにかく「楽しかった!」に尽きます。客席と一体になった演奏で、また、演奏者のみなさんも楽しそうに演奏していました。指揮者の意図というよりかは、演奏者のみなさんがそれぞれ自由に表現していて、それでいて、演奏そのものはきめ細やかで楽器がしっかりと鳴り響いていて「埼玉の吹奏楽はレベルが違うなぁ」とつくづく感じさせられました。

そんな訳で、埼玉県の遠征から帰宅の途に就きました。片道1時間強かかりましたが、それでも、決して損はない、大変満足のいくものでした。家に帰れば、今度は私達の演奏会が待っています。北本市民吹奏楽団のみなさんも足を運んで下さるとお話していました。是非とも、北本さんに負けない、満足のいく楽しい演奏会を作り上げたいと思っています。工謳の演奏会まで3ヶ月を切りました。団員の皆さん、頑張っていきましょう!!


cl@nob
DSC_0258.jpg

工謳メドレー作成中の現場です

原曲を聞いて、プロの演奏を聞いて・・・
全29パート(だったと思う)の楽譜を書いています

半日作業して、全体で6小節程度進むって感じです
平日も休日も作業をして、ちょっとずつ進めていって・・・Mi-だったら途方に暮れちゃいます

正直なとこ、Mi-は、作業を見るまではここまで大変だとは思ってませんでした
(すみません・・・

Yasくんが半日かけて作った楽譜も、皆で演奏したら何秒もないんですよね。。。
手を抜いて演奏して良い箇所なんて、どこにもないんだなぁと改めて思いました

いろんな演奏を聴いて、こだわって楽譜を書いてくれたように、
演奏する側も、こだわった演奏にしたいな

工謳メドレーも、他の曲も、『こんなもんかな』じゃなくて『これ!』っていう演奏を目指したいです

演奏会まで、ついに100日切りましたね
練習時間は限られていますが、気持ち次第で
貴重な時間にも、無駄な時間にも、どちらにもなると思います
(演奏会までの練習スケジュールは大事だと思いますが・・・

偉そうなコトなんて言えませんが・・・
皆でがんばりたいと思った今日この頃です


以上、リポーターのMi-がお伝えしました(笑)

Mi-@Perc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。