工謳吹奏楽団 blog

団の活動を紹介します!

パーカッションセミナーを受けるため、YAMAHA銀座店へ行ってきました
パーカッションを始めて約11年…初めてプロの方のセミナーが
受けられるということで、前日からちょっと緊張してました(笑)

セミナーは13:30~17:00の2部構成でした。
13:30~15:00→鍵盤楽器・スネア・小物楽器セミナー
15:30~17:00→ティンパニ・バスドラ・シンバル

前半のセミナーは、十鳥 勉先生

開口一番に『"どんなイメージか?"を忘れてはいけない』とおっしゃっていました。

セミナー参加者からの質問に対して、奏法や練習方法など、教えていただきました
お話の中でも幾度となく『どういう音にしたいのか?をちゃんともって』と
おっしゃっていました。

自分の中で"こういう音!"が決まっていれば、よほどのことがない限り、
周りから音質について指摘されることはないとのことです
そう言われると、今まで指揮者に音質をつつかれたところは、自分の中でイメージが
曖昧だった部分だったなぁ…と思い出しました"こんな感じ???"程度
"絶対これ!"とイメージが固まっている音はつつかれたことがないな…というか、
場合によっては、つつかれても譲れないかもしれない(笑)

パーカッションは叩けば音が出る楽器ですが、"音を出す"のと"演奏をする"のは
全く別物だそうです。
そして、自分の中で理想の演奏がある限り、練習を積めば不可能はないと。。。
…なんかプロが言うと重みが違いますね


後半のセミナーは、植松 透先生
N響ティンパニ奏者のセミナーが受けられるなんて、東京はすごいです(笑)

やはり植松さんも『何を表現したいのか』を一番におっしゃっていました。
表現力は、技術と勝るとも劣らない大切なものだそうです

他にも大きい楽器ほど、体全体を使って演奏をしなければならないことを
教わりました。
実際に手だけの演奏&体を使った演奏を聞かせていただきましたが、
やっぱり深みが全然違いました
そして、耳の良さもパーカッション(ティンパ奏者)には必要なのだと。
実際、植松さんが演奏をする際は、周りのメンバーの癖("ここの高い音は
金管のピッチが上がる"など)などにも合わせて微調整しているそうです
…人間業じゃないな(笑)


教えていただいたことは、ここに書ききれないくらいたくさんあります
でも、限られた時間の中で、奏法よりも演奏に対しての姿勢をより強く
教えていただいた感じがしました。
演奏をするということは誰かに何かを伝えるということだと改めて思いました。
創造力や心のない演奏は、演奏ではないのです。
"音質"のバリエーションを増やすためにも、他の団体の演奏を聴いたりするのは
大事なことだと思います


今回、たまたま見つけたチラシで、これだけたくさんのことを学ぶ機会に
たどり着けました
やっぱり旅はしないとね(笑)

蛇足ですが…Mi-はやっぱりパーカッション向きだということが分かりました
これが分かって、安心…というか自信になりましたヤッター

Mi-@Perc
早いもので演奏会から1週間たっちゃいました
先週の今頃は打ち上げでビデオ見たり、いっぱい喋ったり、いっぱい泣いてたなぁ(笑)

でも、演奏会が終わったからといって一息ついてる暇なんてないです
秋のツアーに向けて練習頑張ってるみたいですよ~


さてさて、今回の演奏会をもって、Я-ёはしばらく休団させていただきます
一応これでも高2なんで、受験終わるまでちょっとのお休みです!
まだ工謳に入団してから1年2カ月しかたっていないのですが、
たくさんの楽しい思い出が次から次へとよみがえってきます…涙
ちょっと思い出を振り返ってみたいと思います(^^)/

この1年、パートで上手くいかないことがあったり、ダンスの練習でつまづいたり、
学校でも色々あったりして本当に大変でした
演奏も思うようにクリア出来なかったり、何度やっても満足できなくて
演奏会間近の練習後は泣きながら朝を迎えたりしてました

でも、毎回練習が終わるとMi-ちゃんとして
今日の反省したり、お互いアドバイスしたりして
少しずつ少しずつ成長しました(おそらく…)
工謳に関するコトでも、そうじゃなくても色々話したし、女子会開いたり(また行こうね)
学校がホントに辛い時は、Mi-ちゃんとYasくんに泣きながら話したり
そんな仲間がいるからあんなに楽しく演奏できたんだなと、日々痛感しております
みんな本当にありがとうです
そしてこれからもよろしく

十人十色と言うように、工謳も我がパーカッションパートも
超がつく程いろんな人がいます!笑
パーカッションは演奏会のちょっと前から“家族化”してました
なぜか自分が“母親”でみんなから「母さん!」って呼ばれてます
まぁ今では胸張って“工謳1の仲良しパートです”って言えるくらい愛も絆も深まっております
これからもますますステキな演奏をみなさんのハートに届けてくれるコトでしょう
母さん楽しみですょ~

そんな家族から、打ち上げの際にこんなモノいただきました↓
みんなからのメッセージつきですよ~(*´ΨΨ`)
"18回演奏会













ビデオ見るのも忘れて号泣してしまいました(>_<)
打ち上げが終わって「早く帰んな~」って怒られても
「やだ。まだ帰りたくない」とか言って泣きじゃくってました
母にも「あんなに泣くほど結びが強い人って、今までいなかったんじゃない?」
って何回も言われるほどずーっと泣いてました^^;

何回も何回も言ってますが改めて(笑)
うちは工謳が大好きだし何よりもパーカッションが大好きです
だから復帰したらまた今までのように仲良くしてやってください

さて、いつものコトですがだいぶ長くなってしまったので
そろそろお開きにしますか
休団中も練習やブログにお邪魔させていただきたいなと思ってます
まだまだ暑いですがこれからも色々と頑張りましょ~

じゃん(^^)v
18回演奏会 仮装











Я-ё@Perc
追伸
※"追伸"ですが、文章量が多いので新規投稿させていただきます

打ち上げのときに、Mi-ちゃんに「演奏会のブログ記事は、実行委員長から感想
お願いします♪」と声を掛けてもらいました。

演奏会を御覧になれなかった方は「Mi-ちゃんはどうだったかな~」と
心配してくださっていることでしょう。

なので、私からご報告しますね。
金曜日の夜から一番乗りで会場入りした彼女は元気いっぱいでステージの準備をして、
リハーサルを迎えました。

本番では相変わらずの魅力たっぷりのパフォーマンスでお客様を魅了し、
そうそう今回は彼女個人だけでなくパーカッション全体が「楽しそうだった」という
評価を頂いています。パートリーダーとしてよくまとめてくれました。
仮装では綾波レイだったのですが、配役が決まった時から
「着こなせるようにダイエットします!」とか言うんですよ。
そのたびに「それ以上痩せないで、むしろ太ってくれ~!」と言いました。
色白で華奢な身体に白のプラグスーツがとっても似合って、こちらもアンケートでは
綾波良かったのご意見が多く寄せられております。

打ち上げでは、お酒を呑んで桜色になったほっぺで
みんなに愛嬌を振りまいてくれていました。
しっかり二次会まで参加して、解散後はいつもの仲間と飲み明かしたのかな~?

と、私が見たMi-ちゃんでした。
お邪魔しましたm(_ _)m

Y-HiΜЁ@sax
今回の演奏会実行委員長です。
演奏会が無事に終わりました。
今回はやってみたかったことが沢山出来ました。

一部でお送りした『カスケード』は、山の荘厳さをもの凄く感じて、
嵐に巻き込まれたけどどうにか耐えしのいだら眩い陽光が差し込んできて、
天使が金色の鐘の音を響かせて…生きてて良かった。と思ってしまう曲です。
憧れの曲だったので、吹けて良かったです。
『交響的舞曲』のクラすごくパートがまとまってましたね。お疲れ様でした。

二部の『AKBメドレー』『マツケンサンバⅡ』は、歌と踊りをバッチリ決めてくれました。
見ていて羨ましいくらい楽しそうでた。
打ち上げでビデオを見ながら、皆でもう一度盛り上がっていました。
『宝島』ではアルトソロ、ラッパ、ボーンが前に出て吹いてくれました。
吹きにくかったかと思いますが、協力していただき、ありがとうございました。

三部は幕開けと同時に、拍手と歓声があり 「よっしゃ!」と思いました。
(幕開け時は、私たちが作った中でも力作の、指揮者の怪盗キッド、エヴァンゲリオンの
プラグスーツ、お肌を露出したウソップが照らされました。素敵に着こなしてくれてありがとう。)
本当にどのパートも見事な仮装を準備してくれました。
各パートの仮装に合わせて『工謳メドレー2012』を団員に編曲してもらいました。
打ち上げで、副団長から「この曲はメンバーの顔を浮かべながら書かれた
愛情いっぱいの曲だ!」と絶賛されていました。
忙しい中、編曲してくれてありがとうね。頼んで良かった。

絶賛と言えば、ビデオを繰り返し観たシーンがありました。
『たなばた』の流れ星のところです。
絶妙なタイミングで効果的に登場した煌めく星は、みんなの心を掴んで離さない
魅惑的な物となりました。
裏方を一手に引き受けてくださる伊勢崎市民吹奏楽団の皆様。
皆様がいれば何でも出来ちゃう気になってしまう心強い味方です!
ありがとうございました。これからも末永くお願いします。

感謝の気持ちはどれだけ書いても言い尽くせませんね。
私は衣装をいろいろ手掛けさせてもらいましたが、AKBの衣装だけでも、
髪飾りや装飾のパーツ、パニエ、エンブレム、団員全員分のネクタイを作ってくれる
仲間がいて…これってとても素晴らしいことなんですね。今しみじみと実感してます。

そして一年間一緒に頑張ってくれた実行委員のみんな、
頼りない私を支えてくれてありがとうございました。

気になる観客数ですが、なんと882人でした。
すごいですね。
こんないいときに委員長をやらせていただき、ありがとうございました。

Y-HiΜЁ@sax
本日は、たくさんの…本当にたくさんのお客様にお越しいただき、
ありがとうございました!

あんなにステキな景色が見られるとは…夢にも思っていませんでした
演奏前に、客席から感動をいただいてしまいました
ステージから感動のお返しができていたら、嬉しいです

本当にありがとうございました

まずは、とり急ぎ御礼申し上げます
後程ゆっくりと…

これから打ち上げです
やっほい

Mi-@Perc