工謳吹奏楽団 blog

団の活動を紹介します!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気づいたら久しぶりのブログです。
今年もちょこちょこいろんな演奏会にお邪魔しています。
メモがてら紹介します。


2013.01.06
【神奈川大学吹奏楽部 第48回定期演奏会】
会場:横浜みなとみらいホール(大ホール)


高校時代から何回か演奏会やコンクール全国大会の演奏を聞かせていただいていますが、相変わらずすばらしいサウンドです。
工謳も若い団員が増えていますが一度は見てもらいたい(首都圏の良いホールで)団体です。
吹奏楽ってこういう音がするんだーと感じると思います。
リンカンシャーの花束は昨年シエナの演奏も聞きましたが、神大の方が個人的には好きでした。
圧巻のサウンドでした。
最後のティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずらではちょっとひやひやしましたが、改めて曲の難しさを知った気がします。


2013.01.13
【パーカッション・ミュージアム vol.16】
会場:浜離宮朝日ホール


昨年はT.J.P.P.A.Lの講習会&演奏会がとても楽しかったです。
今回のパーカッション・ミュージアムもパーカッションのみのアンサンブルでした。
目玉はパーカッションアンサンブルによるローマの祭り。
大編成のオーケストラ曲をパーカッションのみで多彩に表現していました。
様々な鳴り物やローマの松のフレーズを入れたりと、アレンジも見事でした。


2013.02.03
【ensemble nova パーカッション・フェスティバル ピアノ・デュオ&小諸高校吹奏楽部を迎えて】
会場:佐久市コスモモール


長野に遠征してしました。これまたパーカッションアンサンブルです。
シエナでおなじみのリズムーチョさんも出演されました。
最初の曲は様々な空き缶を使うユニークな曲でした。
パーカッション・ミュージアムでは机をこすったり、叩いたりするシュールな曲がありました。
次はピアノ・デュオも入ったウエストサイドストーリー。
かなり前のほうに座ったので、リズムーチョさんのドラムセットが良く見えました。
パリッと切れの良いスネア、いいですねー。ウチのスネアは要調整かな。。
ハイハットまでこまめにミュートしたり、スネアが入る直前までスナッピーをオフにしてたり、強奏時はパワフルながら音は耳に痛くなく等、とても好感の持てる素敵な演奏でした。

2部は小諸高校による演奏。金管がよく鳴っていました。定期演奏会等も見てみたいなと思いました。
ensemble novaのメンバーが演奏のアドバイスをしながら、パーカッションの説明もしてくれました。


・ティンパニのマレットは硬いとアタック音がよく出るが、音の量感は減る、曲中の役割・聞こえ方をよく考えて選ぶ
・ティンパニヘッドの演奏位置:中心に近づくと音は暗く重い音、フチに近づくと明るく軽い音になる
・バスドラは遅れやすいので、コントラバスの弓の動きや指揮をよく見てアンサンブルする
・スネアは合奏に入ると音の印象が変わる。ピッチが低い暗い音だと合奏に埋もれがちになる
・スコアを見て曲の流れをよく理解する。平坦な演奏にならないように。マーチのシンバルやバスドラは平坦に演奏せず、低音の動き(ドソドソ等)を意識すると良い
・ボンゴやコンガもチューニングが必要。調整しておらず、ピッチが低い団体が多い
・ラテンのリズムは「スイカっか、イカっか」等、曲の生まれた場所や曲のメインのリズムを理解して演奏する。アレンジの楽譜によってはこれがあやふやなものもある


楽器を「たたく」ではなく「弾く」と表現されていたのも印象的でした。音楽ですね。
とても勉強になりました。


2013.02.24
【我孫子吹奏楽団 第24回定期演奏会】
会場:けやきプラザ ふれあいホール


千葉への遠征です。
当団掲示板へのご案内ありがとうございました。
ホルンパートがとてもきれいな音で印象的でした。
きれいにちゃんと鳴っている団体って少ないと思います。
1812年はかなり聴き応えのあるすばらしい演奏でした。
2部のジブリ特集はアレっ?てところもありましたが、オリジナル・アレンジものがとても好印象でした。


長くなりましたが以上です。
世の中にはすばらしいバンドがたくさんあります。
群馬に閉じ込まらず、良い演奏をたくさん聴きましょう。

Yas@Horn
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。